心のあかり光の風景 - もも

心のあかり光の風景

Add: byjoso43 - Date: 2020-12-15 13:16:01 - Views: 8490 - Clicks: 6073

ギフトにも最適なフォトメッセージ「心のあかり 光の風景」の発行元のよる販売サイトです。瀬戸内の美しい「光の風景」と、 前向きなメッセージ「心のあかり」が一冊の本になりました。著者:もも(百武富絵)・いまむら くにお. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 心のあかり光の風景 photo & message / もも, いまむらくにお / しおまち書房 文庫【メール便送料無料】【あす楽対応】. 心のあかり光の風景 : photo & message: 著作者等: いまむら くにお もも: 書名ヨミ: ココロ ノ アカリ ヒカリ ノ フウケイ : photo & message: 出版元: しおまち書房: 刊行年月:. あかり、林 木林,岡田 千晶:1700万人が利用する絵本情報サイト、みんなの声55件、子供にも大人にも、心の深いところに残るすばらしい作品:これは子供にも大人にもぜひ読んでもらいたい、心の深いところに. 質問者1 多摩美術大学で美学や哲学を教えている者です。思想のことはいろいろ知っているのですが、その観点で一つ。藤原さんは先ほどキリスト教とおっしゃいました。キリスト教の神様というのはこの世を作った人なんだけれども、この世にはいない。神様が作ってくれたから我々は存在するんだけれども、その神様の存在を我々は見ることができない。だから神様は光なんです。太陽のような光源であるということです。これは光の形而上学というのですけれど、もはや平凡というくらい西洋の思想には頻繁に出てくるキリスト教の神です。我々の存在というのは存在していないものによって支えられているのであるということですね。これは西洋の哲学をやったら必ず出てくるありふれた話なのですが、しかしそこは非常に深いものがあって、大事なことなのです。それが光なんです。 あともう一つ、藤原さんの話で非常に感動したのが、他人のことをものすごく深く理解する能力を持っていらっしゃる。他者を理解する能力。これからの世の中では、自分とは違う他人をどれほど深く理解できるかが一番求められていることなのではないかと思います。その典型を今見せていただきました。作品が言おうとしていることを非常に深く理解して、そこから光の当て方が出てきているという。これはものすごく素晴らしいことだと思います。美学ではこれを解釈と言います。他人の作品をいかに解釈するか。それが一番大事なんです。解釈がないと、本当は作品は成立しないですね。鑑賞者の解釈がなければ成立しないんです。勝手に作っておいてあるだけでは。どんなに素晴らしいものでも素晴らしい作品ではない。誰かがそれの素晴らしさを見つけてくれて、素晴らしいと思ってくれた時に初めて素晴らしい作品になる。 鈴木 人のことを理解するというのは本当にそうで、藤原さんは作家さんとも交流を深めて、綿密な打ち合わせをして、そのものにどう光を当てていくかを決めてらっしゃいますよね。 質問者1 それがすべて表現の意味から出ているんです。勝手にやっているんじゃない。その人が何を言いたかったかをその人以上に理解することによってできているんです。それが大事だと思います。その人以上にその人の言いたいことを引き出しています。それができる人がたくさんいれば戦争なんていうものもなくなると思うし、排除するということはしない。どんなに違う価値観の人. 安曇野のお気に入りの風景はどこですか?「ビューポイントあづみの」は、安曇野のお気に入りの場所をみんなで投稿. 鈴木 ここからは参加作家の皆さんにもご登壇いただいて、クロストークという形にさせていただきます。先ほどの藤原さんの講演を本展の前に聴きたかったと思うほどに、私たちが知らなくてはならない重要なことだなと、拝聴していて強く思いました。 ではまず各作家と、過去の作品を紹介します。 村上郁《電球都市》 村上 村上郁です。写真は年の中之条ビエンナーレに出品した《電球都市》という作品です。今回の展示でも同じ形状の作品を出品していますが、コンセプトとしては少し違います。 渡辺望《Observation Points》 渡辺 渡辺望です。写真は《Observation Points》というタイトルで、「観測点」という意味です。年にイギリスで開催されたアートイベントで発表しました。気象用バルーンにLEDライトを入れて点灯させたものを公共空間にインストールしてゆくという作品で、月や星を象徴させながら鑑賞者の体験に沿ってみせていくものになります。 星田大輔《川とその他の流れ》 星田 星田大輔です。写真は年の中之条ビエンナーレでの《川とその他の流れ》という作品です。建物の窓に映っている丸い部分がよく見ると月の形になっています。スポットライトで月を作るというシリーズです。 鈴木泰人《色は、人。》 鈴木 今回、司会進行も努めます鈴木泰人です。写真は年、新潟でのフルマチ・アート・スタジオで制作した《色は、人。》という作品です。8ヶ月ほど週末滞在し、人と話をしながらものを作っていったというスタイルの作品です。今回登壇者の後ろにある作品と同じシリーズの作品で、舞台の背景としても融合できるような形態のものです。取材をした時に、いろいろな人に会いすぎて、その人の内容よりもその人の個性を作品化できないか考えて、様々な色を使い、ワークショップも重ねたりして、それに光を灯すという作品です。 鈴木泰人《stand in a line》 今回の作品は自分で点灯を制御するプログラムを入れているのですが、その制御用の本来は裏に置くような道具も展示の一部として見せています。道具がどのように人の目に映り、作品として入れられるかというのを制作において重視しているからです。なので藤原さんのお仕事と真逆のことなのですが、そのような裏側の道具も私には美しく見えていて、こういった作品を制作して.

中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル ルーク・オザワのヒコーキ写真の撮り方 光、空、風景で魅せる! 作者 ルーク・オザワ 販売会社 誠文堂新光社/ 発売年月日 /08/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 夜は、柔らかなあかりと酸素の泡のお風呂でリセット。さらに大きく開放的な窓から差し込む自然の光や風景で、心もほぐされて、さあ、こだわりのバスルームから、より良いコンディションがずっと続く日々へ。 商品詳細を見る. 心のあかり光の風景 - photo & message - もも - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 【個人撮影】本当にあった.

See full list on meigen-torisetsu. 、「うまれて はじめて てらしたのは、うまれて まもない あか. 過去と未来をつなぎ、みんなの心に届く光でありたい。 江戸で育まれてきた心意気の「粋」、美意識の「雅」、賑わいの「幟」という3つのオペレーションが1日毎に現れる新しいスタイルのライティングで、今日に続く明日、明日の先に続く未来を表現し. 光の中で再び輝き始める、懐かしくてあたたかい、あの頃の日々。 素焼きの人形と照明、博多弁を合わせたあかりのオブジェ「あかり絵」。 あどけない子供たちの表情とふるさとの光景が光とともに広がり、やさしく心を包みます。. hana・biyori初の和のライティングイベント「hana・biyori×竹あかり『hanaあかり』」を開催します。 優美にライトアップされた樹木、文化財、そして竹に穴を開けてあかりを灯す 約1,300本の竹あかりのやわらかな光に包まれる期間限定のライティングイベント。.

、ためしよみ. カメの案内のおかげで時間泥棒たちに見つからずに、モモは「さかさ小路」を越えて時間の外の世界に入っていきます。 ここは時間泥棒が入ってこれない領域なのです。 やがて『どこにもない家』に辿り着きます。 そこは幾千種類もの時計が全て異なる時間を刻む不思議な場所でした。 モモを出迎えてくれたのは、マイスター・ホラという銀髪のほっそりとした老人でした。 マイスター・ホラはこれまでの出来事を知っていて、モモを呼ぶためにカメを遣わしたのでした。 カメの名前はカシオペイアといい、30分先の未来が見えるので時間泥棒たちに見つからない道を選んで来れたのでした。 そして、モモを「時間の源」がある場所に連れていきます。 そこでは時間が「美しい花」として絶えず咲いては散ってゆくのが見えて、数え切れない音が美しいハーモニーを作り出しているのが聞こえます。 モモはそのまま眠りに落ちるのでした。. . マイスター・ホラはモモに時間の概念について説明します。 彼は時間を人間に平等に分け与えることはできるが、それをどう使うかはその人次第であると。 光を見るためには目があり、音を聞くためには耳がある。 それと同じで、時間を感じるためには心がある。 心がなければ時間を感じることはできない。 虹の七色は目の見えない人には存在していないと同じで、鳥の鳴き声は耳の聞こえない人にはないと同じです。 「ちゃんと心臓が動いているのに、時間を感じとれない心の人がいる」とホラは説明しています。. 鈴木 今回の展示には、光をどのように私たちが捉えて、どのようにアートとして発信するのかという確認的な目的があるのですが、本日のトークによって、私たち4人の作品はやはり光の違いがあるなということが改めてわかりました。心象的なものもあれば、私のように道具をフィーチャーしていたりとか、星や月に対しての自分の考えであったりとか。それはきっと光の原点の違いでもあるのでしょう。そんな光の感覚の違いを感じ取れる展覧会にできたのではないかと思います。 また、本日のトークで光についてどのように掘り下げて行けばいいのかがわかったように思います。そして光をどのように扱えば良いのかという、なかなか理解することはできなかったものが見えてきて、これからも前に進める気がしました。 締めくくりに、藤原さんから一言いただければと思います。今後の光の展望みたいなのはあるのでしょうか。 藤原 光のあり方の展望ですか。これは私の持論なのですが、今、実は日本の光は3回目の終焉を迎えようとしているところなんです。一回目は文明開化でそれまでの光文化が一度壊され、続いて第二次世界大戦で徹底的に壊されました。そして今は電球や蛍光灯がなくなってすべてがLED、有機ELに変わっていっています。つまり、まったく違うテクノロジーにおける光のあり方になるわけです。 一世代前からは光は公共のものです。ガス灯の発明から電気による光まで、光はインフラを介した公共の光だったんです。しかし、その前の光、光がろうそくなどの炎だった頃は、光は個人の持ち物だったんです。個人の持ち物が、公共のものになって、今ではあって当たり前というものになりました。そしてLEDなどによってごく少ない電力で動き持ち運びができるような光になったことで、今度はまた個人の持ち物の時代が来るんです。その時に、これまでとは全く違う新しい光のあり方というのが生まれてくると思っています。 例えばスマホの光とか、皆さん当たり前のように使っていますけれど、そういう風にどんどん光が自分の手元に戻ってきているんですね。そうなったときに、それはアートの世界においても、光パフォーマンス含めて、どんどん光を身につけられる風に変わってくると思います。すると光に対する考え方、哲学、そういったものも大きく入れ替わってくるはずです。それをこの時代に生きている皆さんも私も見ることができるわけ.

鈴木 光の見方として、絵を見るときなどの反射して見える光と、ステンドグラスなどの透過して見える光とがありますよね。そのとき、光のあり方というのはだいぶ違うなと思うんですよね。 藤原 そうですね。飛び込んでくる光と反射する光は全然違います。先ほど話題に上った星田さんの《川とその他の流れ》という作品も、月だから投影はOKだけれども、太陽は投影してはだめだね、とか。そういうことは思いますね。 星田 おそらく投影した太陽は太陽に見えないんでしょうね。 鈴木 村上さんの作品《電球都市》は、中に写真や光源を入れて、内側から光を発する透過光の作品ですよね。 村上郁《電球都市》 村上 そうですね。透過光で見せています。元々それをやりだしたのが、絵葉書を素材に使った作品をシリーズ化を作っていた時です。絵葉書の裏と表というものが、物理的にはものすごく近い距離であるのに、全く違う意味合いを持っているために感覚的にはすごく遠く感じました。それを透かすことによって、一方の面を見て両方を見る、絵葉書の裏に書いてあるメッセージと表に印刷されている写真を一度に見るという作品です。そしてそういう効果をいろいろな作品で突き詰めているうちに、もう電球の中に入れてしまおうとなって、現在の形になっています。 星田 村上さんの 《電球都市》 は、水の中に光源と写真が入っていて、透ける感じで写真を鑑賞しますよね。普通写真は壁に掛かっていて反射光で見るわけですが、透けているので実在感がないというか虚ろな感じがして、面白い写真の見え方だなと思います。 村上 これは私の勝手な想像なんですが、 透過している光は反射光とは違い、光の発生源である点がだいたいどのあたりにあるというのを、見る側もふんわりと認識していると思うんです。それが何か記憶と結びつくというか、実在しているものを反射光で見るのとはだいぶ見え方や認識が異なっていると思うんです。 星田 鑑賞者がより光源を意識しているということですかね。確かに絵が壁にかかっている時というのは光源は意識できないですよね。 村上 そして光源が意識できないだけでなく、いろいろな方向から光が来て、そのぐちゃぐちゃとした反射光が一度に目に入ってくるので、ものの認識性がもっと複雑だと思うんです。だから透過光には、もっとシンプルな形、しかしそれが過去につながっていくようなイメージがとて. See full list on lighttale. 時間 位置 数 自然 自然 - 陸 自然 - 海・川 自然 - 空・天気 自然災害 温度・熱・エネルギー 光 宇宙・天体 植物 動物 動物 - 鳥 昆虫 爬虫類 海の生き物 鉱物 人間 体の部位 怪我・病気・医療 動作 心・感情 性格・特徴・才能 人生・運命 人間関係 称号. 「あなたはあなたのままでいい」 毎日に希望を与える「もも」こと百武富絵さんの「心のあかり」メッセージと、写真家いまむら くにおによる、自然と光が織りなす美しい瀬戸内周辺の「光の風景」のコラボレーション。. 借金が返済できない主婦がタコ部屋に監禁されて性奴隷にされてる衝撃映像 【無修正流出】av史上、最も日本人の精子を搾り取ったレジェンド女優・吉沢明歩の動画がフル流出!. . ※Ameba以外のサービスをご利用の場合利用規約と外部サービスとのID連携に関する同意事項に同意の上、ログインして.

谷山浩子の「あかり」歌詞ページです。作詞:谷山浩子,作曲:谷山浩子。(歌いだし)心澄ましてみつめてごらん 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。. 鈴木 先ほど話に出た、日本の好む明るさというのがなんとなくわかるんですが、今では明かりというものがあまりにも自然に身の回りにありますよね。そして明るすぎる光に慣れてしまっているように思います。そういう明るすぎる基準は一体何になっているんでしょうか。 藤原 これは明るすぎるだろうというと、コンビニほど明るいものはないですよね。凄まじく明るいですよね。まあ旅とかしている時には安心はしますし、一時期は自動販売機が防犯になっていると言われたりしたこともあったんですけれども。ただ、明るいと言えば明るいんですけれども、都心のコンビニはそれほど明るくないけど田舎のコンビニは明るいというような微妙な違いもあります。光というのは周囲との差異がどれだけ多いかということで決まります。 鈴木 それはキーポイントですね。やはり暗さがあって、明るさがあって、そのコントラストのせいでいろいろな印象が変わってくるということですね。 藤原 そうですね。やはりコントラストの強い光というのは太陽と影のようなもので、明るい光と黒い光の関係性かもしれないですね。でもその中間があって、その中間に属するのが星であったり、月であったりいろいろであったりするわけです。そして極論でいうと、闇は存在しないんですよね。闇は暗い光だと私は捉えているんです。影も暗い光だと私は思っているんです。すべては光だと思っています。目に入るものはすべて光なんです。 鈴木 認識できればそれは光ということですね。 藤原 そうです。ブラックホールでもない限り、認識できればすべて光だと私は思っていて、そう言った光の階調バランスその中で、月に見えたり、星に見えたり、太陽に見えたり星座に見えたりする。なので渡辺さんの今回の作品《OBSERVER》を見たときに思ったのは、やはりそのようにすべては階調の中において人は何かを写し取っていて、それを心の中に見ることができる、ということをやっておられていて、まさしくこれだなあと思いました。 渡辺望《OBSERVER》 その感覚というのは実は谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』につながるもので、そういったときにどんな階調を光として拾ってあげるのか、そこの感性ですよね、そういったものをどう写し取ってみなさんが作品として転化しているのかという点は一つは見えたなと。. 百武富絵(もも)さん&いまむらくにおさんがコラボレーションした フォト&メッセージ集「心のあかり 光の風景」を編集・制作致しました。 美しい瀬戸内を中心とする光の写真と、前向きなメッセージを組み合わせた作品となりました。. フォト&メッセージ 心のあかり 光の風景 【新品】もも(百武富絵)・いまむら くにお 1,200円(税込1,320円) 竹田道哉 広島土産缶バッジ3点セット 300円(税込330円). 百武富絵・いまむらくにお著の本「心のあかり 光の風景」の発行元による解説ページです。 自然と光が織りなす美しい瀬戸内周辺の「光の風景」と前向きなメッセージはギフトにもピッタリ。. 12: ページ数: 79p: 大きさ: 15×21cm: ISBN:: 全国書誌番号:※クリックで. 花が天を埋め尽くすほどいっぱいに咲き乱れ、月の光がくまなく地上を照らす、という意味から。 原風景(げんふうけい) 人の心の奥にある原初(一番最初)の風景。原体験から生じるさまざまなイメージのうち、風景の形をとっているもの。.

鈴木 一方で村上さんは今回インスタレーションを制作されていますよね。この《ペン先のインクの中に、その文字を映す反射光に》は電球の作品と比べて空間に広がっていくタイプの作品ですが、これはどういったコンセプトなんでしょうか。 村上 この作品は実は再制作で、昨年ノルウェーへアーティスト・イン・レジテンスをしたんですけれど、北極圏の少し上でかつ夏だったので、白夜の季節だったんです。白夜なので真夜中になってもずっと明るいんです。この展示のコンセプトからすると真逆の状況にいて、夜だけど電気をつけようかどうしようか迷うんです。夜中になると結構眠い、時間は夜10時、でも明るいからカーテンを閉めるんですが、カーテンが真っ赤なので透過光で部屋が真っ赤になってしまう。 鈴木 それ自分で用意したカーテンなんですか? 村上 いえ、もともとあったものです。どうやら現地の人はそれで遮光しているようでした。そのレジテンスのときに、北極圏に住んでいる人の光の認識や経験というものが、日本という温帯に住んでいる自分のものとは、想像以上に違うぞということを感じたんです。それがこの作品の起点になっています。 鈴木 先ほどの日本の光の基準の話がありましたが、ノルウェーの光の強さというのは日本とはやはり違うんですか? 村上 ノルウェーで過ごしたのが、太陽が最も高く昇っている夏の一ヶ月間だけなので断言はできないのですが、光の感じは違いましたね。 心のあかり光の風景 - もも 鈴木 生活で使っている照明とかも違うんですか? 村上 照明は白熱灯が多い印象でしたが基本的には同じでした。ただ白熱灯のなかには、基本的な構造は一緒なんですけれど形が異なっているものがあったりして、私が滞在した場所ではねじねじとした刻みが入った、炎がゆらゆらと揺れているような形のいるシャンデリア球をあらゆるところで使っていました。これは何かあるんだろうなと思いましたね。 鈴木 渡辺さんもイギリスで滞在制作された経験がありますよね。そのような海外と日本との照明の違いというのは、どのような感じだったのでしょうか。 渡辺 やはり若干部屋の中が暗いなという印象はありました。現地の人はそれで良いみたいな感じで、私なんかだと暗いのでもう一灯当てたりしていましたね。 鈴木 藤原さんにお聞きしたいのですが、やはり国によって光の感じというのは明確に変わってくるのでしょうか。 藤原 そう. 昔栄えていた都会の、今は廃墟になっているとある町の円形劇場にモモという小さな少女がどこからかやってきて住みつきました。 モモは背が低くやせていて、8歳くらいに見えくしゃくしゃにもつれたまっ黒な巻き毛と、やはりまっ黒な大きな美しい目をもっていました。 自分の名前以外のことは全く分からず、モモはただここに住みたいのだと言います。 住民たちは戸惑っていましたが、みんなでモモの面倒を見ることにしました。 モモには不思議な能力がありました。 モモは人の話を聞くだけでその人の悩みが解決してしまうのです。 モモのこの不思議な能力に気づいた町の人々は何かあるたびに、「モモのところに行ってごらん!」が口癖になっていました。. Amazonでもも, いまむらくにおの心のあかり光の風景―photo & message。アマゾンならポイント還元本が多数。もも, いまむらくにお作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 色彩のブルース-歌詞- 昨日の夢 オレンジ色の翳り 今日の夢 沈黙の気配示す アルコールの川をゆっくり渡る 長ぐつのリズム 心で酔いましょう 鉛の指か.

久かたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ : 紀 友則 : 34 : 誰をかも知る人にせむ高砂の 松もむかしの友ならなくに : 藤原興風 : 35 : 人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞむかしの香ににほひける : 紀 貫之 : 36. 世間ではやたらに「時短」だとか「働き方改革」を言われています。 仕事でもなんでも効率よく終わらせて時間を節約する。 そのための道具もどんどん新しいものが開発されています。 しかし、それだけ効率よく仕事を終わらせて空いた時間に何をするのでしょうか。 仕事をはやく終わらせるためにイライラしながら気分を悪くして、うまくいかなくなりまたイライラしてしまう方が多いのではないでしょうか。 仕事を楽しめずに早く終わろう終わろうと思ってしまい、その時間を心が感じとらなくなってしまってはどうしようもありません。 これでは、時間泥棒に付け込まれてしまいます。 時間を節約することから、「時間を生かす」ことを考えてみましょう。 心で時間を感じていれば、あなたの「時間」は守られるでしょう。. 鈴木 それではトークの本題の方に入っていきましょう。改めまして、藤原さん、貴重な講演をしていただいてありがとうございました。本当に目から鱗でした。もう少しいろいろなお話を聞かせていただけたらと思います。 藤原 今回作品をいろいろ見させていただきました。私はどちらかというと光をあてる側の人間なのですが、光に対して光をあてるわけにはいきません。これは照明デザインにおいても、照明器具に対して光をあてる人は下の下だと言われます。つまり光の作品に対して光を当てるわけにはいかないですから、このように光を表現として扱っている方というのは逆に接点がないんです。 鈴木 それが意外でした。美術の現場でお仕事をされているので、仕事柄いろいろな方と関わっていると思っていましたし。そして今回のように作家さんとのトークなども機会がなかったんですね。 藤原 そうですね。このような場所はほとんど初めてです。なので何を言っていいのかわからないくらいドキドキしています。 鈴木 最後に光が黒子であるというお話がありましたが、私たちは光について本当に見えていないんですね。先ほど平面作品がみんな同じように照明されてしまっているという問題をおっしゃっていましたが、確かにその問題はあると思いました。自分の作品そのものにはこだわるけれども、見るときの照明については、まあこれで良いのかなとしか思えない。 藤原 そうですね。私の照明はごくオーソドックスなんです。どちらかというとあまり光がでしゃばらないようにするので。この仕事を始めた時、親に「今度あそこの照明してるから、見といて」と言ったんです。そしてそれを見た親から「あなたが何をしているかよくわからない」と言われてしまって、ガクッとくるんですけど、大体にしてよく言われますね。何をしたのかがわからないと。 星田 意識されなかったというのはある意味、目標を到達しているわけですよね。眩しかったとか、照明器具自体に光が当たって目立っていたりするのはダメなわけですから。ある意味で「何をしているのかよくわからない」は褒め言葉だと捉えられますよね。 鈴木 今回の展示で、灯工舎の灯工である塚田さんに展示照明の助言をいただけるということになったので、搬入の最終日に見ていただいたのですが、助言どころか道具を持っていただきまして、照明をほとんど取り付けていただきました。その時、それ.

小俣麦穂 ※p122 ※p123 ・ブックラック ・子どもと本の情報館 ・次号予告 ・投稿作品賞選評 ・執筆者プロフィール ・編集後記 表紙絵/山本アマネ レイアウト/榎本事務所 掌編カット/たむらかずみ 《表紙のことば・山本アマネ》 小さな村に住む少年に. 「心が時間を感じとる」とはどういう意味でしょうか。 時間は誰でも同じ1日24時間です。 スマホでぼーっと時間を費やしても、一心不乱に仕事に打ち込んでも流れる時間は同じです。 でも、気づいたら何時間も経ってたってこともあるし、まだこんな時間なのかと嘆くこともないですか? つまり「時間は心の持ちようでどうにでもなる」ってことではないでしょうか。.

心のあかり光の風景 - もも

email: lygevyx@gmail.com - phone:(755) 536-2116 x 3807

国際法社会学の理論 - 広瀬和子 - つかまり球を打つ

-> 認知症予防テキストブック - 新井平伊
-> 実験医学 2017.11 - 石川文彦

心のあかり光の風景 - もも - 大地からの贈りものカレンダー 前田真三 前田真三


Sitemap 1

仁義なき新妻生活 - 朝香りく - とってもやさしい英語のワーク 大岩秀樹